消費税増税によるサロン予約の空き、どうしたら良いですか?

公開日:2019年12月18日 更新日:2019年12月18日
question質問
自分でサロンを開業して3年になります。

これまでは、順調にリピートしていただき、予約の空きはほとんどありませんでしたが、消費税の増税による影響か、秋頃からサロン予約の空きが目立つようになってきました。

サロン予約の空きを少しでも減らす方法は、何かありますか?
消費税増税によるサロン予約の空き、どうする?!
answer回答

自宅でサロンを経営している
開業セラピストにとって
サロン予約に空きができるって
不安を通り越して、恐怖ですよね。

でも実は、予約の空いてしまった
時間の使い方で

あなたが成功セラピストになれるのか
それとも失敗セラピストになってしまうのか
が、決まるんです。

今日は、サロン予約に空きが出来た時に
開業セラピストがやっておくべき
たった1つの事をお伝えします。

サロン開業したらやるべき集客準備

ここまで、開業セラピストにとって
将来の飛躍に繋がる時間の使い方
についてお伝えしてきましたが

ドリームヒントには
自宅でサロンを経営する開業セラピストが
サロンを開業したらやっておくべき
様々な集客準備をサポートプログラムがあります。

サロン業務に集中しながらでも出来る
本当に集客できる状態を整える為に知っておくべき
様々な集客法を学びながら

自分で実践して、困った事や疑問に思った事を
開業セラピストを10年以上もサポートしてきた
集客アドバイザーに直接相談ができます。

サロン集客に関するオンラインセミナー
集客準備に関する個別相談
購入者限定グループ相談会
受講料
オンライン+個別相談66,000円(税別)

5年以上サロンに集客し続けられるブログ投稿の方法

公開日:2019年11月22日 更新日:2019年11月25日

ブログって、一生懸命書いても
なかなか反応無いですよね。

集客できる記事を書こうと思えば思うほど
考えてるうちに、気付いたら
何ヶ月も更新をしていない。

私たちドリームヒントもそうでした。
2009年にオンライン集客を始めて
2013年に本格的にSEO対策を始めるまでは
全然、集客に繋がらないブログでした。

そんな私たちが、10年かけて
様々な方法をテストしてたどり着いた

超3日坊主なドリームヒント校長が
5年以上、集客し続けている
ブログ投稿法をお伝えします。

2019年サロン業界の動向

公開日:2019年11月08日 更新日:2019年11月23日
2019年サロン業界の動向

今日は、某大手スクールサイトの元営業マンで
現在はドリームヒントのコンサルタント
前川幸廣さんをお招きして

2019年のサロン業界の動向について
お話をお伺いします。

開業セラピストがイベント出店前に知っておくべきこと

公開日:2019年11月01日 更新日:2019年11月25日
開業セラピストがイベント出店前に知っておくべきこと

 

こんにちは
ドリームヒント常勤講師 劉羽瑠子です。

最近イベントやマルシェに出店されるセラピストさんが
非常に増えているようなんですが
その中でも実際に
イベントで体験していただいたお客様が
きちんとその後サロンの方に来ていただける
来店される率というものが非常に低いということで
たくさんの方からご質問をいただくようになりました。

そこで先日、
期間限定でイベント集客法ということで
オンラインセミナーをさせていただいたところ
非常に好評で、ただ期間限定だったので
たくさんの方が見逃されたというお話もありましたので、
今日はその中から
実際にイベントに出店する前に
『開業セラピストさんが知っておくべきこと』ということで
ヒントをお渡ししたいと思います。

 

まずですね
皆さんのイベントがなぜ失敗してしまうのか?
実際のサロンの来店につながらないのか?と言うことで
キーになる考え方ですね、
マインドセットと言うものなんですけれども
皆さんの考え方の中で
イベントでの、イベントからサロンへ来店していただくまでの
集客のプロセスを成功させるのに
邪魔をしているような勘違い、考え方を
一つづつ見ていきたいと思います。

イベント失敗マインドの一つ目が
出店の目的が当日の人数集めになっている場合です。

皆さんね、多くの場合
集客というものそのものを考える時に、
例えばチラシとかを撒く時みたいに
バーーっとバラ撒いて沢山の人に、一人でも沢山の人に
自分の存在を知ってもらうことが集客だと
考える方が非常に多いです。

でよくね、うちなんかはオンラインの集客が
うまく行っているのを見て
「ドリームヒントさんは発信力がすごいから
見習わないといけないと思って」とかね
仰しゃる方がいらっしゃるんですけども、
発信力って言うのは、
集客の全体から考えると入り口でしかありません。

で、私たち集客のプロが考える集客というものは
最初に発信して見ていただける
知っていただけると言う
その段階で止まっていてはダメなんですね。

実際に知っていただいてから最後来店していただくための
プロセスというものがお客様にはあります。
で、このプロセスは知っていただいた後に今度は
新しく知ったサロンを今まで知っていたサロンと比べていただく
「比べる」という段階があります。

で、比べた上でどちらの方が良いかを考えて
自分で決めて最後来店されます。

なので、この来店まで来るまでにですね
皆さんのことを「知って」「比べて」「決めて」
来店するまでに、
お客様、上から入ってくるお客様ですね
集客によって入ってきたお客様が最終的に
来店までたどり着かれるお客様は
数としては減ってきます。

この絵はジョーロ?漏斗ですね、
昔よく理科の実験などで、覚えてないかな?
あの円錐形の逆さまになったこんなガラスのビンで
ここに濾紙を入れて不純物が入ったお水をザーッと垂らすと
下から綺麗になったお水が出てくるという
ああいう感じのイメージですね。

今回はちょっとイメージとしては
ま実際には本当は違うんですけれども、
上から入ってくるのがお客様だと考えると
このお客様が入ってきて
「知る・比べる・決める」という段階を経て
最終的にサロンまで到達して来店してくださる。
この時には、最初に入ってきた
知っていただいた数が例えば10人だとすると、
ここから徐々に減っていって
残った方だけが来店される、という仕組みに
集客そのものがなっています。

これはわかりますよね。

例えばイベントで10人なら10人の人に体験していただいて
10人全員が来店するって方無いですよね。
それはあり得ないですよね。

それをしたいと思っていらっしゃるんだとすると
ちょっと全然違う方法を考えないといけないと思うので、
あれなんですけど・・・

私たちが考えないといけないこの集客の仕組みというものは
どんな集客法を使っても同じです。
なので、時々セラピストさんがよく
うちもね生徒さんでどこかのコンサルの方に
「だんだん減っていくものだから。
実際に来店まで漕ぎ着ける人が
ドンドン減っていくものだから」って言って、
インスタのフォロワーを3,000人集めなさい!って言われて
一生懸命それをやっていたって言う生徒さんが
いらっしゃったんですけど、
数だけ集めてもしょうがないんですよね。

て言うのは、お客様の中には
この有用じゃないお客様っていうのがいらっしゃいます。

有用じゃないって、
この「有用」って言うのは、用が有るって言うことで
実際に集客のこの「知る」という段階に来てくださって、
ここの漏斗の中に入って皆さんの存在に気づいてくださいって
そこから来店までに漕ぎ着けるまでの
来店してくださる可能性が高い方は有用ですよね。

でも、イベント当日に人数だけを集めようとしてしまうと、
どうしてもこの有用じゃないお客様ですね
そもそもサロンなんか行く気もないお客様
例えばお洋服を脱ぎたくないとゴネ出すお客様ですね。

昔うちも初期のころにイベントで何回かありました。
ブースの前で
「えー、服脱ぐの?でもなぁ〜、ちょっと脱ぎたくは無いんだわね。
何とかならない?」って言われて
「ああ、じゃあ分かりました」って言って、
ちょっと折れて中へ入っていただいて、
同じ値段で洋服を脱がないでいいトリートメントをさしていただく、
みたいなね。

で、そこから次回のイベントでは、じゃあ
服を脱がなくて良いようなメニューっていうのを増やしましょう。
ってゆってやって
すごくイベントの集客率が落ちたっていう経験を
ドリームヒントはドリームヒントでしてます。

そいで、イベントの会場で洋服脱ぎたくないってお客様は
あなたのサロンまで行ったって、お洋服は脱いではくれません。
でなので、そういったお客様ですね。

それから他にもありますね。
たまたまイベントで安いから、安い値段だから
イベント価格だから受けたいというお客様ですね。

で、そもそも私たちがイベントで集客したい人っていうのは
イベントの会場で安くて受けるだけのお客様じゃないですよね。

最終的には10分1,000円〜1,500円という
普通に単価からしたら、普通の物販から比べたら
すごい高価な買い物をするお客様を集客したいと思っているのに、
なのに、イベント価格で安いからという理由で
受けてくださるようなお客様を入れてしまったとしても
そもそもここまで辿り着かないお客様ですので、
何の意味も無いですよね。

それからもう一つは、
ただ興味本位で、たまたまそのイベント会場に来ていて
たまたまあなたのブースの前に通りかかって
で、たまたまそのタイミングであなたが外にいて目が合った。
で、ちょっと話聞いてみて興味が出たから入ってみる。
そう言う方のね、
そういう興味本位でイベントで受けてくださったお客様の場合
ま、稀にいらっしゃいます。
それがすごい出逢いになってすごい紹介が生まれてみたいな
そういうお客様もうちも確かにありました。
ありましたけれども、
そう言った興味本位で受けてくださるお客様の
全ての人、ま多くの人の大部分が
ただ興味本位で受けているだけなので、
その当日のイベント料金を払うモチベーションそのものが
その日のその場の興味を満たすだけのためのお金なんです。

なのでそれは、あなたのサロンでやっている
仕事ぶりを試すためのお金ではなくて
その興味を、今その瞬間の興味を満たすだけのための
500円〜1,000円ていうお金を払っている方なので、
そういった方にどんなに一生懸命お話をして
心を尽くしてトリートメントを受けていただいたとしても
なかなか集客には繋がりません。

なので、これすごく重要です。

当日の目的がどうしても人数集めになっていると
質の悪いお客様ですね、
言葉は悪いんですけれども
やっぱり来店に繋がらないような質の悪い
有用ではないお客様まで集めてしまうことになりますので
そうするとね、
最終来店まで、ここまで辿り着いてくださるお客様
じゃない方ばっかりをイベントの当日にしてしまうことになるので
非常にもったいないですね。

それからイベント失敗マインドの二つ目ですね
イベントに失敗するタイプのセラピストさんに共通する考え方として
二つ目が
イベントの条件に合わせたメニューをやってしまっている
と言うことです。

多分これほぼ9割方そうなんじゃないですかね?

あの例えば、ご自分のサロンではお洋服を
さっきの話じゃないですけど
お洋服を脱ぐタイプので、ジェルとかオイルをつけて
直接ハンドでトリートメントするような物をやっているのに
お洋服を脱がない
イベント会場だから脱げない条件だから
その条件に合わせて脱がなくても
受けられるようなメニューにしたりとか
それから例えば、そうですね
ボディーがメインなのにハンドトリートメントで出しちゃうとか
フェイシャルセラピストなのに
なぜかハンドトリートメントやってるとかね
あの、化粧品会社のセラピストさんで
メーカーのセラピストさんで結構多いんですよね。

お化粧品メーカーさんなのに
なぜかイベントだと必ずハンドトリートメントをやるって言う。
あれはだから、
洋服も脱がなくていいし顔も触れないから『手』みたいな⁈

全般的に失敗される
イベントからの集客に失敗されるセラピストさんが
提供されるメニューって言うのは
やっぱりどうしても
本来売りたいメニューじゃないメニューを無理矢理作り出して、
イベントの会場でできるようにしただけの
ただこじつけてるだけのメニューなんですよね。

なので、どうしてもいつもの皆さんのセラピストとしての
お仕事ぶりは全く発揮できない状態でイベントに出してるので、
それって、美容師さんがね「セラピストで〜す」って
イベント出したって美容院の集客に繋がらないのと全く同じで
普段の皆さんの仕事ぶりをわかっていただけないようなメニューでは
何の集客の意味もありませんのでね。

必ずここはちょっと考え直していただきたいです。
ほんとにイベントの条件に合わせることが重要なのか。

で、この時にやっぱりベースになるのが
やっぱりこの人数集めなんですね。
たくさんお方に受けてもらったほうが良いんじゃないかとか、
一人でも多くの方に見えるように、
見せるようなブースにした方がいいんじゃないかとか、
あの、物販的な考え方でこういうことを思われる方が
非常に多いんですけれども
多くのセラピストのイベント出店が失敗する原因に
ここが出てくるかなと思っています。

で、それからイベントを失敗するセラピストさんの
イベント失敗マインド、最後の三つ目が
トリートメント効果をイベント当日に感じてもらおうと
してしまっているということですね。

これは、「え、何でダメなの?」って思われると思うんですけど
昨日もちょうど私たちイベントだったんです。

で、ちょうどこのセミナーを作るっていうことが決まっていたので
私もそれをちょっと意識をして
一生懸命お客様にお話をお聞きしたりとか
あとは、他のスタッフですね、
生徒さんとかうちの校長も参加してたので
そのイベント会場で皆んながお話したりとかで
それに対してお答えいただくお客様の声をお聞きしてると

イベントってやっぱり普段のトリートメントよりも
ずっと短い時間でしかやらないですよね、トリートメントが。
そうするとその短い時間のトリートメントなのでやっぱり効果が出にくい。
でそうすると皆さんどうしても
「すいません、イベントなのでどうしても」って言って
その効果が出ない理由?いつも出るような効果
皆さんが自信があるトリートメントの効果が出せない言い訳として
このトリートメントの効果が出てないことをお伝えしてしまうんですね。

そうすると非常にこれ実はこれお客様に対しては失礼なお話で
例えば皆さんね、スーパーの試食コーナーで
フルコースを食べるつもりで試食したいですって言う人いないですよね。

だってあそこはタダだし、立ってるし、
でおばちゃん一人で、こんなね小っちゃいフライパンで
ピャーてやってんだからフルコース食べられないのは
分かり切ってますよね。

で、皆さんのイベントのお客さんもそうです。

皆さんが、「私はどこどこでセラピストやってます。」
ってご説明すれば、当然もっともっと高い値段で
ちゃんとした部屋で、もっと綺麗なお部屋で
ちゃんとベッドの上に横になってやってもらえるんだろうな、
ぐらいはお客様にだって想像はつきます。

でもその想像ついてる状態で
言い訳まがいでその効果が出てないことを言われると
「あ、この人ほんとに全身やってもらっても効果あるのかな?」て思って
自信が無いように感じてしまうんですよね。

効果が出ないことを一生懸命
「今日はイベントだから効果が出ないんです。
本当はいつももっと効果が出るんです」って
言えば言うほどあなた自身が
セラピストとして自信が無いように感じさせてしまいます。

それからね、一番大きい間違いとしては
この場合ね、百歩譲って効果が出せたとしても
トリートメントの効果をイベントで感じられるということは
普通10分1,000円のお金をかけてしか体験できないことが
イベント価格で、安い値段で簡単に体験できた
ただのお得な体験でしかないんです。

で、お得な体験で気に入ってくださったお客様で
この方、お得感を感じてサロンに来られたお客様は
10分1,000円という高いお金を払うような
良質なお客様にはなりません。

いつまで経ってもあなたのサロンに求めるのは
お得感です。
なので、こういったお得感を引き合いに出して
イベントで集客してしまうと
今度はイベントから集客したお客様は
ずーっと割引をし続けてイベントをかけ続けないと
通い続けて下さらないような
より質の悪いお客様に育って行ってしまいますので
これは本当にほんとにもったいないです。

ということで、この三つの間違いですね
イベント失敗マインドということで
ご紹介してきました。

で、一般的に皆さんのサロンを知っていただいて
来店していただくまでの
「知る・比べる・決める」というこの段階を経ていくごとに
どのくらいのお客様が残っていくかというのを
成果率という名前で私たちは呼んでいるんですけれども
私たちプロの世界でも成果率って言うと
大体2〜5%って言うのが基準になります。

これ実は、広告業界だと
2〜5%ってメチャメチャ良い数字です。

例えば全然知らない人たちに
私が20代の頃にいたような業界なんかは
億単位のお金をかけて全国に
毎週同じ曜日に、同じ地域に、何万世帯という世帯に
たくさんのチラシをいっぺんに撒きます。
それで2〜5%で御の字って言われていました。

でもじゃあイベントはそれと同じ集客法ですか?
違いますよね。

イベントってあなた自身が売りたいと思っている
売り手自身がその場へ行ってそしてお客様自身にお会いして、
直接コミュニケーションをとってお話をして
更に売り物そのものであるあなた自身のトリートメントを
受けてくださってますよね。

なので、このイベントの集客率て言うか
成果率がもし2〜5%っていう数字なんだとしたら
これは私は大失敗だと思っています。

私自身のイベントの集客率なんですけれども
昨日のイベントはまだちょっと一日しか経ってないので
まそれでも今朝お一人からLINEでご連絡があったんですけれども
その位私が担当した人って、一週間以内に
最低で20%、この数字ですね。

それから去年の秋のイベントの時は
40%の反応率を私はいただいていました。

そう言う結果が私は10年間出し続けられています。

で、正直トリートメントの技術レベルで言ったら
もちろん私の技術なんて大したことないです。
皆さんよりも屁みたいな物です。

トリートメントの基本を学んで資格を取っただけで
私は普段基本は集客の方を担当してますので
ほとんどトリートメント経験はないですけれども
イベントをする度に私の集客率が一番大きいです。

ではこのイベント失敗マインドを切り替えていただいて
私が出しているような20〜40%の率でお客様が残っていくような
同じ集客の濾過装置だったとしても
この濾過が緩やかに進んでいって
少しでもたくさんのお客様が残って来店をしてくださる
そういう集客システムにして行くには
どんなマインドが必要かということを
ここからお伝えして行きたいと思います。

ではですね、ここからはイベント成功マインドと言うことで
皆さんのイベントが当日の時給稼ぎにならないようにして行くには
どうしたら良いか?
実際に「知る・比べる・決める」の各段階で
減って行くお客様をなるべく最小限にして行って
一人でも多くのお客様が、最終的に皆さんのサロン来てくださる
できれば欲を言うと
そのままちゃんと定着してくださるような
そう言ったイベントの仕組みにして行くには
どう言う風にしたら良いかということを
ちょっと見て行きたいと思います。

一つ目は、
目的は後日の来店数にして行く、ということです。
先程もお伝えしましたけれども
イベント当日の人数だけを考えていると
有用じゃない、脱げない・安いから来る・興味本位で来る
というお客様まで集めてしまってましたよね。

最初の「知る」という段階で
そういう有用でない、どう頑張っても来店しないようなお客様が
10人いらっしゃったこの集客法から
イベントの目的そのものが後日の来店になれば
もっともっと有用なお客様だけを
イベントで集めて行くことができますよね。

例えば当日「え、服脱ぎたくないんだけど」って言われたら
「あ、残念でしたね。ちょっと今日は無理なんです」って
お断りすればよくないですか?

で、その分その後に通り過ぎた
もう少し有用なお客様に時間が割ければ
私はそれで良いと思っています。

他にもね、ただ安いだけで来るのではなくて
もっともっと値段では無くて
セラピストさんを探していらっしゃるって方も
皆さんが考えている以上に非常に多い気がします。

昨日のイベントでも本当にたくさんの方が
「こういうの受けられる所はどうやったら見つけられるの?」
っていうお話が結構聞かれました。

残念ながらうちはスクールなので
当日スタッフで来ていたセラピストさんを紹介させていただいたり
とかいうこと位しかできないんですけれども
実際に皆さん個人的に、信頼できて
気持ち良くトリートメントを受けさせていただけるような
そういったセラピストさんを探していらっしゃる方は
ちゃんといらっしゃいます。

なのに皆さんが当日の数で、
有用で無いお客様にばっかり意識がいっているせいで
そう言う方を見逃しているんじゃないかなと
私はずっと、常々懸念しています。

目的が後日の来店数の方にあなたの目線が向いていれば
当日有用なお客様だけを集めることができますので、
当然元々質の良いお客様しか入って来ませんので
ここから先の「比べる・決める」という段階まで
進んでくださるお客様は増えますよね。

それから二つ目のイベント成功マインドとして考えていただきたいのが
後日の来店から逆算したメニューです。

メニューを考える時には、これ非常に重要な考え方です。

メニュー設定とかメニュー組み立てについても、
これから本講座のセミナーもそうですし
YouTubeのこのチャンネルでも
機会があるごとにお話して行きたいなと思うんですけれども
やっぱり多くの方が、イベントのメニューって言うと
どうしても条件に合わせて
その日できることをやろうとするんですけれども

それがもう大きな間違いで
必ず販売したい物、最終的に何を販売したいのか
最終的に受けていただきたい本命メニューっていうものから
逆算してメニューを作っていく必要があります。

そこから逆算して作ってあるイベントのメニューであれば
例え当日受けてくださる人数が
条件が悪くなるので、グッと絞られてしまいますので
当日受けていただけるお客様は減るかも知れないですけれど、
でも、本命メニューの売りを感じてもらえるお客様だけに
絞られて行きますので
この絶対数が減ったとしてもそこから先
減って行くことがありませんので
来店される率っていうのは非常に高くなります。

それから、イベント成功マインド三つ目が
サロンに行った自分を想像してもらえるように考えることです。

これは一番重要なことで
どうしても皆さんセラピストさん、技術職なので
ご自分の技術に自信は持っていらっしゃるはずですよね。

なのでその技術を売りたいという気持ちはわかるんですけれど
買う側からしたら、トリートメントの差って正直
そんなに物凄い実感できるようなものでは無いんですね。

本当に効果が欲しいのであれば病院に行きますので
そうでは無くてより高いお金を払って
皆さんのサロンに行かれるってことは
効果、今ある悩みを解消するために来ていただいているっていう
考え方事態を捨てていただきたいです。

なので、サロンに行った時に
どんな風に自分のことを大事にしてくれるとか
このセラピストさんはどんなことを大事にしていて
お客様とどんな日々を過ごして行きたくて
トリートメントをやっているのかって言うことが
伝わるっていうのがやっぱり
そこが、私たちプロにも
広告だけでやろうと思うと非常に難しい部分なんですね。

なので、イベントって言うのは
あなた自身が直接お客様にお会いして
そういったことをお伝えできて+感じていただけて、って言う
もう最高のチャンスですよね。

だからその時にやっぱりサロンに行って
この人と二人きりになりたいかどうか、
ありますよね
産婦人科の先生でも同じ男の先生でも
「この人の検診はやだ!」と思う人と
「あ、この人意外に行けるかも」って思う人と
これって意外にフィーリングが非常に重要なので
私たちは思っている以上に
損得感情よりもやっぱりご自分のフィーリングに
合うか合わないかっていうところで最終的には決められます。

で、特にこの「知る」から「比べる」の段階に行かれると
このフィーリングが合うか合わないかっていうところの
先ず情報が少な過ぎると、ここでもう落ちちゃいます。

なので、まだ皆さんのサロンしか知らないお客様は良いんですけれども
他のサロンを知った時にこの比べるための情報が
あなたに対して少な過ぎると
すぐ浮気をされてそっちに取られちゃうんですよね。

やっぱりね、サロンに行ってあなたと二人きりになって
どんな時間を過ごせるのか
あなたを自分の人生に定期的に現れる
人生を創り出すメンバーの一因として迎え入れることが
一体どんな未来に繋がっているのかって言う期待感ですね。

この期待感を与えて行くっていうことが
集客においては一番重要なことかなと思います。

ですので皆さん、どうしても数を集めてその中から
一人でもって思って必死にやるんですけれども
このマインドセット自体が
失敗マインドになってる方が多いのが
私は多くのセラピストさんが
イベントの集客に苦戦される原因かな?と思っています。

 

ということで今日はイベントに出店する際に
イベント当日で終わらせるのではなくて
実際にご自分のサロンまでお客様をお連れするような
イベントの集客にして行くには
どういったマインドを変えて行ったら良いのかということで
「失敗マインド」と「成功マインド」という
考え方の大きな違いをお伝えしました。

でこれね、
パッと見すごく小さなことに感じられるかも知れなんですけど
この小さい違いが、皆さんが色んなイベントを進めて行く中
集客を進めて行く中で色んなことを決断する瞬間がありますよね。

そう言う時に、マインドさえきちんと正しい方向に向いてさえいれば
ご自分で判断してご自分で決めて実際にやってみてっていうことで
一歩前に進むきっかけになって行くんじゃないかなと思います。

と言うことで、今日のヒントは
イベントに出店する前に
開業セラピストさんが知っておくべきこと
ということでヒントをお伝えしました。

今日のセミナーの続きのビデオなんですけれども
今日ご紹介したいのは、イベント出店法と言うことで
『5ステップで自宅サロンの集客につながるイベント出店法』
と言うセミナーがあります。

こちらはイベントの選び方から
どんなイベントに出した方が集客率が上がるか
と言う、本当にすごい根本的なところから
集客率が高くなるようなイベントメニューをどうやって作ったら良いか

それからイベント当日に受けていただいた後に
「比べる」「決める」という段階を
どうフォローアップして行ったら良いかっていう
アフターフォローの方法まで。

イベントを当日の日当稼ぎでは終わらせない
本当の集客法にして行く
そう言った方法をお伝えしているセミナーがあります。

このセミナーは マイドリームヒントという生徒専用サイトの方に
ログインしていただいて詳細はご覧いただけますので、
一度そちらもご覧いただけたらなと思います。

 

今日は『開業セラピストがイベント出店前に知っておくべきこと』ということで
皆さんのイベントが本当に素晴らしい出会いの場になることを祈っております。

これからもこう言ったヒントをYouTubeの方に
公開して行こうと思っていますので
ぜひYouTubeチャンネルに登録お願いします。

自宅サロン集客に本当にターゲット設定が必要なのか

公開日:2019年03月05日 更新日:2019年07月24日
question質問
在宅カウンセラーとして開業準備を始めたのですが、先日WEB集客のコンサルタントさんから「ターゲットを設定してください」と言われました。
でも、以前やっていた異業種開業時にも、別のコンサルタントから言われてターゲット設定をしてブログを毎日書きましたが、一年頑張って続けても全く集客に繋がらず、結局そのまま廃業してしまいました。
こちらのコラムでもターゲット設定について書かれていましたが、セラピストとして自宅サロンのWEB集客のために、本当にターゲットを設定する必要があるのでしょうか?
answer回答

セラピストさんだけでなく
様々な業種の開業経験がある方から
本当に多くの方から同じご質問があります。

先日も、カウンセリング科目『統合数秘』の
月例スキルアップセミナー参加者に
この質問をされました。

その時にした私のご説明が

「今まで色んな人にターゲット設定しろって言われたけど
やっと納得できました!」

と、大変好評でしたので(笑)
皆さんにもお伝えしようと思います。

 

因みに、具体的なターゲット設定の方法については

年間1万アクセス以上ある
当サイトでも一番人気のページ
自宅サロン開業〜自宅でリラクゼーションサロンを開くには〜
に書いていますので、そちらをご覧ください。

WEB集客のためにターゲットを設定する理由

最近では、多くのコンサルタントの方が
セラピストやカウンセラー向けの集客法として

集客はターゲット設定が肝心!
集客するならターゲット設定が必須!

などとおっしゃっています。

でも、今WEB上で多く
出回っている手法を見ていると
正しいターゲット設定を
理解していない場合が多く

コンサルタントの集客手法として
ターゲット設定をさせる場合が多いです。

 

私は、自宅サロンを開業した
セラピストさんやカウンセラーさんにとって
ターゲットを設定した方が良いと思う理由は
以下の3つです。

  1. 集客コンテンツを作る時の指針になる
  2. 集客コンテンツを受け取る人との繋がりを強くする
  3. 現状に合わせた正しい集客方法を見極められるようになる

集客コンテンツを作る時の指針になる

多くの方がWEB集客のために
最初に始めるのがブログですね。

このコラムを読んでいるあなたも
日々一生懸命にブログを書いているかもしれません。

でも、多くのセラピストさんが
ブログに何を書いて良いのか分からずに
毎日悩んでいらっしゃると思います。

特にセラピストは職業柄
サロンのお客様の情報が、そのまま
お客様の個人情報や技術の露出に繋がるので
なかなか気軽にブログを書けない業種でもあります。

 

そのせいか、多くのセラピストさんが

露出が増えたら法的にマズい記事を書いていたり
ブログテーマのアイデアを探して
サーキュレーションサイトから転用したり
誰かのブログの真似をしたり

本当にギリギリの状態でブログ集客をされています。

(私のコラムも盗用された経験がありますが
他人のコンテンツをコピーしても
SEO的にもプロとしても何の徳にもなりませんので
絶対にやめて欲しいです!)

でも、ターゲットをしっかり絞ることで
ターゲットが持っている不安や悩み
と言う、とっても明確な指針ができます。

 

数年前まで質より量が
主流だったコンテンツ集客法も
最近では量より質が重要だと
言われるようになりました。

私は、質より量が重要な時期もある
とも思っていますが
どんなに毎日ブログをアップしていても

集客できないブログは時間&労力の無駄

だと思っています。

何より、集客に繋がっている実感が無ければ
書いていたって楽しくないし
楽しくなければブログ更新なんて続きませんし
続かなければ集客できるコンテンツにはなりません。

 

だからこそ、ターゲットを絞ることで
あなたが書くべき内容を
思いつくチャンスを増やすことは
ターゲット設定をする
理由の一つでもあると思います。

集客コンテンツを受け取る人との繋がりを強くする

ブログを書く最大の目的は
もちろん集客ですよね。

WEBでサロンの集客をしたい!
と言う生徒さんに、私はいつも

WEB集客で一番大事なのは
一度も会ってない貴女のことを愛してもらえる
そんなコンテンツが必要です

とお伝えしています。

 

当然ですが、お客様にとって
見ず知らずの人が個人的に開業しているサロンに
WEB上の情報だけを頼って訪問することは
大きなリスクを伴います。

それが自宅サロンとなればなおさらです。

さらにセラピスト業は
お客様が裸になられますので
美容院やネイルサロンなど
同じ美容業界の中でも、WEB集客が
より難しい業種です。

だからこそ、せっかくブログを書くのなら
あなたの大切な未来のお客様に
WEB上だけで貴女を信頼してもらって
貴女に会って見たいと思わせなければいけません。

だから私は、集客用のオンラインコンテンツは
セラピストさんから未来のお客様への
ラブレターだと思っています。

 

もし貴女なら、自分と全く関係のない
他の誰かに宛てたラブレターを読んだとしても
何ら心に響くものは無いですよね?

それは貴女のお客様も同じです。

どんなに、もっともらしい事を並べ立てたところで
その記事が、お客様と全く関係が無い内容であれば
それは道端で手渡されたティッシュと同じです。

 

だからこそ、ターゲットをより細かく絞ることで
あなたの書くブログが
本当に届いて欲しい相手に向けて書くことが
セラピストはもちろん、全業種のWEB集客において
一番大切なことだとおもいませんか?

現状に合わせた正しい集客方法を見極められるようになる

ターゲット設定をする最大の目標は
正しい集客方法を見極めることです。

例えば、女性がターゲットとなる
ファッション誌はたくさんありますが
それぞれに、年齢はもちろん、既婚か未婚か
実家暮らしか一人暮らしか、など

ターゲットを絞れば絞っただけ
ライフスタイルや趣味趣向など
年齢と性別だけでは分からないところまで
想定することができますよね。

そして、そうして具体化したターゲットが
興味がありそうな企画内容で特集を組んだり
その広告をターゲットの目につきそうなメディアに掲載します。

 

それと同じで、サロン集客のためのブログも
ターゲットを絞れば絞るほど
より具体的な想定をすることができるので

そのターゲットに合わせた記事を書いて
そのターゲットに届くように拡散方法を工夫できます。

 

更に、正しくターゲット設定ができていれば
湯水のように出回る集客方法を目にしても
それが自分のターゲットに有効かどうかを
自分で考えて、無駄な時間もお金も必要なくなります。

また最近では、オンライン集客を売りにした
営業電話も多くなっていますが

ターゲット設定がしっかりしていれば
難しいカタカナに惑わされることなく
自分で判断する指針になってくれることでしょう。

無理なターゲット設定が集客に繋がらない理由

でも、あなたを含めた多くのセラピストさんが
コンサルタントに言われるがままに
必死でターゲットを設定しても
集客に繋がらず諦めた経験があると思います。

同じターゲット設定をしているのに
なぜ集客できる人と、できない人がいるんでしょうか?

 

私がドリームヒントの集客に
コンテンツマーケティングを取り入れて10年
本当に多くの方法を試してきて

何人ものセラピストさんの
手探りの集客を見守ってきて

成功するターゲット設定と
失敗するターゲット設定の違いが
あることに気づきました。

最初から何百人もWEBだけで集めようと思っている

「ターゲットなんて絞って
いっぱい集客できるとは思えない」

これは、先日この質問をしてくれた
生徒さんの言葉です。

そして私は、こう答えました。
「はい。最初からいっぱいは集客できませんよ!」

 

そもそもですが、WEB集客だろうが何だろうが
10人集められないブログに
100人集められるわけがありません。

だから、あなたがサロンの集客で
1日1人のお客様も集められていないなら
WEB集客で突然100人200人も
集められることはありません。

WEB集客は、魔法ではありません。
あなたが思っている以上に
地味で地道な作業の積み重ねに
長年かけた結果でしかないのです。

 

私は、ドリームヒントの集客では
どんな手法を使ったとしても
現状の顧客数の2倍程度を
WEB集客の集客目標にしています。

低い目標をひとつずつクリアしながら
それを続けることで大きな目標を達成する。

それが集客の鉄則だと思います。

実在しない架空の誰かをターゲットにしている

特に、ポジショニング商法を
しているセラピストさんに多いのですが

ターゲットを絞る時に、理想ばかりを見て
実際に今のサロン来ているお客様と
かけ離れたターゲット設定をする方が
少なくありません。

 

確かに、私がアメリカで学んだ
ターゲット設定では
写真や経歴まで明記した
架空の顧客像(ペルソナ)を作成していました。

でも、これが現実にデザイナーになると
マーケターやコンサルタントなど
多くのプロによる実際の人を対象にした
膨大な数のマーケティング調査から
ペルソナを作り上げていました。

 

当然、集客の素人でもあるセラピストが
そんなマーケティング調査を
するのは不可能ですし

できたとしても、その結果を基に
ペルソナ作成した架空の顧客像に
合わせた記事を書くなんて
そんな簡単なことではないことですよね。

 

だからこそ私は、実際に今のサロンに
通ってくれているお客様の中から
ターゲットを絞ることをお勧めしています。

そうすれば、実在するお客様を
イメージしながら記事を書けるので
よりリアルな記事を書くことがきでます。

 

さらにこれも、先ほどの集客人数と同じで
今のサロンに来てもらえていない人が
WEB集客で来てくれることはありませんので

WEBだけで、あなたの
セラピストとしての魅力を感じてもらうには
今サロンに来てくださっている
実際に存在するお客様をターゲットにするのが
一番無理のない方法だと思います。

セラピスト経歴から分かる今の自分に必要なターゲット設定とは

先の項でもお話ししましたが
どんなWEB集客法も、一長一短で
結果は出ません。

現状を把握して、そこから問題を炙り出し
それを解決するための方法を考え
そして確実に実行する。

そして、このプロセス(PDCA)を
何度も何度も繰り返すことで
その集客法の成功確率を上げていきます。

 

私は、サロン集客の成長プロセスを
セラピストさんの開業経歴で
大きく3段階に分けています。

  1. 自宅サロン開業3年以下
  2. 自宅サロン開業3年以上5年以下
  3. 自宅サロン5年以上

本来なら、年数だけでなく
一日あたりの顧客数や年間売上から
もう少し細かく見ていきますが

今回は、一番簡単な開業年数別に
お伝えしていきます。

自宅サロン開業3年以下のセラピストがするべきターゲット設定

このコラムの最初の方に
質より量が必要な時期もある
とお話ししました。
自宅サロンを開業して3年以下のあなたは
まさしくその時期です。

でも、ここで言う量は
単純にたくさんブログを更新しろ
と言う意味ではありません。

 

開業したばかりのこの時期は
まだまだセラピストとして
経験も知識も足りない時期です。

この時期に無理に設定したターゲットは
前項でお話しした「架空の誰か」になりがちです。

ですから、この時期のセラピストさんは
ターゲットを絞ること自体に
不安を感じると思います。

一人でも多くのお客様をとって
一回でも多く経験を積みたいこの時期に
ターゲットを絞ることは
貴重なチャンスを逃すことになりかねません。

今はまず、来てくださる方
一人一人に誠実に向き合いましょう。

でも、トリートメントの質は
妥協しないでくださいね(笑)

 

また、この時期のセラピストさんに
ぜひ書いてもらいたい記事は
お客様の声です。

お客様と言うと、WEB上で
信頼を得るために利用されますが
開業3年以下のセラピストさんには
別の目的で利用してもらいます。

 

まず、お客様には
キャンペーンや割引の条件として
お客様の声を書いていただきます。

とにかく今は、質より量。
駆け出しのセラピストですから
今のあなたの集客に、割引は必須です。

でも、経験の無さを理由にした割引は
その後、適正価格に引き上げる際に
足かせになります。

ずっと安い価格で受けてきたお客様に
適正価格を伝えることすら難しい
そんな声も少なくありません。

そこでまず、お客様には
お客様の声を書くのを条件に
割引をするようにします。

そうすれば、割引の口実にもなりますし
安いから数を稼ぐハードルも低くなりますし
適正価格への値上げ時に
経験値ではなく条件が変わるだけなので
お伝えしやすくなりませんか?!

 

もう一つは、ターゲットを
絞っていない今のうちに
色んなタイプのお客様をとって
その感想をいただいておいて

3年以上になる時に
これを基にしてターゲットを絞っていきます。

だから、今はターゲット云々言ってないで
一人でも多くのお客様を経験してくださいね!

自宅サロン開業3年以上5年以下のセラピストがするべきターゲット設定

自宅サロンを開業して
3年以上が経過しているあなたには
まず最初のターゲット設定を行なってもらいます。

具体的な方法は
自宅サロン開業〜自宅でリラクゼーションサロンを開くには〜
に書いていますので、そちらを
ご覧いただきたいのですが

ここで「理想のお客様」を想像する前に
必ずして欲しいことがあります。

 

今サロンに通ってくださっている
お客様を思い浮かべてください。

その中から、そのお客様のことを
考えるだけでも楽しくなる
そんなお客様を3名挙げてください。

次に、今サロンに通ってくださっている
お客様の中から、今の価格で満足している
または、もう少し出してもいい
そう思ってくださっているお客様を
2名挙げてください。

最後に、この5名の中で
2つの条件のどちらも当てはまる
そんなお客様だけに絞って
その方達の共通点を探してみてください。

 

どうですか?
これが、あなたの「理想のお客様像」です。

ここからは、こうして設定したターゲットに
読んでもらえるようにブログを書いていきます。

 

そして、この時期に書くブログこそ
最初にお話しした質より量です。

今はまず、一人でも多くのターゲットの
目に触れるようになるまで
とにかく記事を書き続けます。

内容にこだわり過ぎて
更新頻度が少なくなりすぎないように
お客様の声やお知らせなど
記事内容のバリエーションを
工夫をしましょう。

自宅サロン開業5年以上のセラピストがするべきターゲット設定

自宅サロンを開業して
5年以上たったセラピストさんは
恐らくすでにある程度の
ターゲット設定があると思います。

ここまでやって来られたのも
そうしたターゲットにアプローチができて
充足感も感じられているはずです。

でも、セラピスト業界に限らず
同じ職種で5年以上お商売をしてくれば
始めた頃から比べて、時代も人も
随分と変化してきているはずです。

 

そんなあなたには、そろそろ
ターゲットの再設定が必要です。

同じターゲット設定だったとしても
その趣味趣向が変化してきていないか
ターゲットが置かれる環境に変化はないか
その悩みに変化がないか、確かめましょう。

その為にも、そろそろ一度
しっかりとしたマーケティング調査を
してみてはいかがでしょうか!?

 

ただ、私がお勧めするマーケティング調査は
大手がやる様な潜在顧客を対象とした
調査ではありません。

私がお勧めしたいのは
既存顧客に対するアンケートです。

多くの場合、セラピスト経歴に関わらず
サロンがWEB集客をする目的は
新規顧客の開拓です。

そのため、どうしても
潜在顧客ばかりに目が行きがちです。

 

でも、考えてみてくだだい。

あなたの事も知らない
まだ会ったこともない人の趣味趣向を
必死で想像するよりも

目の前にいる、今のあなたのサロンに
通い続けている人たちが
なぜあなたを選んでくれているのかを
直接うかがう方が、よっぽど
有意義な意見が聞けると思いませんか?!

 

そして、アンケートを取るときには
ぜひ過去のお客様も全員を
対象にしてください。

5周年など、キャンペーンを絡めて
休眠顧客の掘り起こしになる上に
過去に通ってくれた理由と
今通ってくれる理由はもちろん
何が理由で通うのをやめたかまで
お聞きすることができます。

ドリームヒントでは、数年前に
クレームをキッカケにやりましたが
厳しいご意見よりも、何年も経つのに
わざわざ答えてくださる方の多さに
感動した記憶があります。

どんなに多くのお客様に
愛されてここまで来たかを
再認識できることで
WEBで自分の意見を書くことへの
自信にも繋がるはずです。

正しいターゲット設定で無理のないWEB集客を!

ターゲット設定は
セラピスト業界だけでなく
多くの業界で提唱されています。

でも、間違った方法で設定したターゲットは
集客効果が無いばかりか
セラピスト自身への負担にもなります。

逆に、正しくターゲットを設定すれば
今のご自分に本当に必要な事を
見極める助けになるので
今すぐ効果を実感できないとしても
結果的に何らかの形で集客に繋がるはずです。

 

今回は、WEB集客のための
ターゲット設定について
今までにないくらいに詳細に
書いてきました。

でも、これもひとつのアイデアで
絶対成功するとは限りません。

このコラムを通して、一人で
多くのセラピストさんが
ターゲット設定に再チャレンジして
ご自分に合った集客方法を見つける
キッカケになれば、嬉しいです。

受講中から客単価がアップするプログラム

ここまで、自宅サロンの
ターゲット設定について
お伝えしてきました。

ドリームヒントでは
多くの現役セラピストが修了し
受講中から単価アップを実現している
養成プログラムがあります。

アロマを使ったリメディアルセラピーと
リンパドレナージュを習得し
リンパリメディアルセラピストとして
開業&単価アップを目指します。

リンパドレインはもちろん
スウェディッシュやリメディアルなどの
トリートメントと組み合わせることで
顧客満足度が倍増します。

リンパ基礎理論を含む理論コース
計17.5時間
リンパドレインを含む実技コース
計50時間
受講料
月謝制21,000円(税別)