独立支援部 劉 羽瑠子

私だからできる事を探して

私はWEBを中心に様々なメディアのデザインを手がけてきたマルチメディア戦略プロデューサーです。

若い頃は、大切に育てた自分の作品でも一定期間を過ぎるとお払い箱になるデザインの仕事に、虚しさを感じることも多くありました。それでも、目に見えないものを形にするデザインの仕事は大好きでしたので、結婚して母親になってもフリーランスで仕事を続けていました。

2人目の出産を終えて半年後、独立支援部としてドリームヒントに業務統合してから、ドリームヒントを卒業された方のサロン開業の為に、多くのパンフレットやホームページを手掛けさせていただきました。ただ、せっかくパンフレットやホームページを作成しても、それを最大限に生かせないままに自然廃業してしまう辛い現実も多く見てきました。

本当に必要な支援は何か

きっかけは自分自身がカウンセリングを受けたことでした。サポート役としての資質と起業家としての資質、相反する資質を持つ自分自身をどうしたら生かせるのかを考えさせられました。

「デザイン以外にもお手伝いできることがあるんじゃないか」そんな思いから今では、経営支援として生徒さんの目標を達成する経営戦略を伝授するのはもちろん、素人同然のクライアントさんをプロの経営者として導いていくような独自サービスを構築しています。

変わらない経営者の心を伝える

私がこれまでに出会ってきた『成功している経営者』の多くは「他がどんどん撤退する中、ただコツコツと続けてきただけのことです」とおっしゃいます。私自身も、自営業を営んでいた2人の祖父からも、信念を曲げず経営を続けていくことが成功の秘訣だと教えられました。

自分を信じて、初心を忘れずに、常に向上心をもって学び続ける。そんな経営者だからこそ、人の心を動かしていけると思います。

夢を実現して、それを継続する力を

多くのおうちサロンオーナーさんは、自分のライフスタイルに合わせて時間を有効活用できるから、とおうちサロンの開業を目指されます。でも開業後には、成功への欲とお客様に振り回されて、結局は『自由な時間に仕事をしたい』と言う最初の夢を忘れて、お客様に振り回されるおうちサロンの現実に気づきます。そしてその多くが1年以上続けられずに、バイトやパートに出たり、全く別の業種に転向していかれます。

そんな素人経営者の皆さんに、開業時には目標設定からお手伝いしながら、自営業の基本とその厳しさを様々な事例を交えてお伝えしながら、くじけそうな時には励まして、チャンスを前に足がすくんで動けない時には背中を押すことで、一歩ずつ前へ進むお手伝いをしたいと決意しました。

量ではなく質で勝負するサロンを

情報化時代の中で、私たちは日々多くのノウハウを見聞きします。そのほとんどが『短期間にどんなに効果が出るか』や『コストをかけずに楽して儲ける方法』を提唱しています。しかし幼少の頃から多くの経営者を見て育った私には、昨今のノウハウありきの経営手法にいつも違和感を感じていました。

インターネットを気軽に使える今の時代、情報が溢れているからこそ『情報の質』が見直されています。根拠のない数字に惑わされて、一番大切なことを見失い流行りのノウハウに飛びつく経営は、たとえ今この瞬間に効果があったとしても、時代が変われば必ず取り残されていきます。

私自身もドリームヒントの集客や経営に携わるようになり、時代の波が短期周期になってきている今こそ『量よりも質を大切にする』そんな当たり前のことを貫いていくことが一番大切だと感じています。

だからこそ、大手のプロデューサーやコンサルタントのように数字ばかりにこだわらず、オーナーさんご本人をしっかり見つめていけるプロデューサーになる、それが私のミッションです!