消費税増税によるサロン予約の空き、どうしたら良いですか?

公開日:2019年12月18日 更新日:2019年12月18日
question質問
自分でサロンを開業して3年になります。

これまでは、順調にリピートしていただき、予約の空きはほとんどありませんでしたが、消費税の増税による影響か、秋頃からサロン予約の空きが目立つようになってきました。

サロン予約の空きを少しでも減らす方法は、何かありますか?
消費税増税によるサロン予約の空き、どうする?!
answer回答

自宅でサロンを経営している
開業セラピストにとって
サロン予約に空きができるって
不安を通り越して、恐怖ですよね。

でも実は、予約の空いてしまった
時間の使い方で

あなたが成功セラピストになれるのか
それとも失敗セラピストになってしまうのか
が、決まるんです。

今日は、サロン予約に空きが出来た時に
開業セラピストがやっておくべき
たった1つの事をお伝えします。

サロン開業したらやるべき集客準備

ここまで、開業セラピストにとって
将来の飛躍に繋がる時間の使い方
についてお伝えしてきましたが

ドリームヒントには
自宅でサロンを経営する開業セラピストが
サロンを開業したらやっておくべき
様々な集客準備をサポートプログラムがあります。

サロン業務に集中しながらでも出来る
本当に集客できる状態を整える為に知っておくべき
様々な集客法を学びながら

自分で実践して、困った事や疑問に思った事を
開業セラピストを10年以上もサポートしてきた
集客アドバイザーに直接相談ができます。

サロン集客に関するオンラインセミナー
集客準備に関する個別相談
購入者限定グループ相談会
受講料
オンライン+個別相談66,000円(税別)

セラピストとして取っておいた方が良い資格は何ですか?

公開日:2019年11月27日 更新日:2020年01月21日
question質問
働いていたサロンで教わったトリートメント技術を使って、セラピスト仲間と一緒に開業サロンをしています。

お客様の信頼の為にも、一枚くらいは認定証を取得した方が良いかと思っていますが、オススメの資格はありますか?
プロのセラピストとして取った方が良い資格とは?!
answer回答

セラピストの資格については
とてもたくさんの方から質問を受けますし、
すでにセラピストをしている人も
いつも気になっている問題だと思います。

一般的なセラピストの資格については
【連載:セラピストと法律(1)】
国家資格の無いセラピストは違法なのか?

で詳しく取り上げていますので
そちらを参考にしてくださいね。

今回は特に
沢山あるセラピストの資格の中から
どの資格を取るかを選ぶ基準についてお伝えします。

この記事の内容を動画で解説

セラピスト資格の種類

セラピストに関係する資格の種類としては、
大きくは『技術系』『知識系』『商材系』の三つに分けられます。
それぞれの特徴を見ておきましょう。

まずはセラピストには必須の技術系の資格です。

ご質問のように
セラピストがサロンを開業しようとすると
プロとしての信頼を得るためには
認定証の一枚くらいは飾りたいと
皆さん思いますよね。

お客様の側からしても、どこかのサロンに行った時に
認定証が一枚も飾って無かったら
漠然とした不安を覚える方も多いのではないでしょうか。

では一般的にセラピストさんが取るべき資格を選ぶ時には
どんな基準で選んでいるのでしょうか?

技術系の資格なら
まずはトリートメントの効果が期待できるか?
ということは大きいですね。

一生懸命勉強してその技術を身につけたのに
技術自体が中途半端でトリートメントの効果を
お客様に感じていただけないとしたら
せっかくのお金と時間が無駄になります。

また、経営面から見ると
周りでその資格を持つ人が稼げているかどうかは
大きな判断材料ですよすね。

確かに今流行っている技術で
皆んなが習っているものなら安心できるかもしれませんが、
その逆も考えられますよね。

例えばアロマトリートメントの資格は
アロマ環境協会のアロマ検定だけでも
年間1万人以上の人が取得していますので、
広く一般にも知れ渡っていますが
アロマトリートメントを受けたい人からしたら
あなたのサロンでなくても
どこに行っても受けることができますから
あまり広がりすぎている技術は
かえって不利かもしれません。

 

知識系の資格も最近は増えてきています。

ドリームヒントスクールにも
理論だけの受講を希望する方もいらっしゃいます。
現役セラピストさんのドリームヒントの入校理由に
「理論を学びたい」というのは常に上位にあがっています。

人の身体に触れる仕事をしているセラピストさんは
解剖生理学などの身体の知識を知って
お客様トリートメントの有効性を説明できるようになることで
安心してトリートメントがしたいということでしょう。

もう一つは商材系の資格です。

これは商品メーカーさんが
その商材の使い方を知ってもらうために
独自にその商品限定の資格を定めるものですが、
これは往々にして販売マージンを受け取るための
条件になっていることも多いようです、

協会の資格なら安心なのか?

次に『協会』の資格について考えてみましょう。

協会には大きく三つの種類があります。

まず国家資格を認定するための協会
二つ目が民間資格を認定するための協会です。

国家資格に関わる協会は主に国の主導で作られますが、
逆に技術などが広く一般に普及した後から
その業界の有識者などを集めて作られて
国家資格に昇格した協会も多くあります。

あとは完全な個人で協会と名乗るだけのもので、
実は協会はいつでも誰にでも作れてしまうのです。

このいつでも誰にでも作れてしまう名前だけの協会は
社会的な信頼性という面では
先の二つに比べれば決定的に下がりますので、
名前に惑わされずにその協会の
中身と実態を見定める必要があります。

資格を選ぶ時の注意点

技術系の資格を選ぶ時の判断基準としては
その資格を持つ人の人数の多い少ないではなく
その資格を持っている人の中にプロがいるか、です。

つまり、その資格を持っている人が
実際にその資格を使って食べられているか?
稼げている資格か?ということです。

認定証を発行することが目的になっていないか?
という点でも
取得後のサポート体制があるかはポイントです。

認定証を一回発行したら終わりになってしまって
年会費さえ払えばそれ以上の勉強はしなくても良い
というような協会は避けた方が良いでしょう。

また、年会費は必要ないけれどサポートもなくて
勉強し続けたいと思う時に勉強できないのではこまりますよね。

もっと学びたいと思う時に
相談に乗ってもらえたり受け皿があるかどうかも
選ぶ基準に入ると思います。

 

理論系の資格を選ぶ時の基準ですが、
理論系で一番大切なのは
医学的な根拠をどのくらい押さえているかです。

最低でも、何人くらいの人に試した内の
どの位の割合の人に結果が出たかというような数字は
エビデンス(根拠)として持っている理論であるということは
今流行っているかどうかよりも大切な基準です。

資格、特に国家資格については
海外では医療系や教育系などの、人の人生や健康に関わる国家資格は
更新の度ごとに、前回の更新から今まで
何年以上・何時間以上プロとして仕事をしていないと
更新ができなくなっていることがほとんどです。

ところがこれまで日本では、
医療従事者として医学知識を学んだ後に
開業したり病院勤務をしてプロとしての仕事を続けていなくても
一度取った資格は取り消されることはありませんし、
何十年も前に学んだ理論のままでも十分仕事ができています。

日本でも最近になってようやく
医療従事者の資格に更新が必要になってきたという状態です。

最近は医療系の仕事に携わった人が
医学知識や理論をブログなどで紹介するページも増えていますので
そこで取り上げられている理論が
その人が最初の頃に勉強した当時の古い理論や知識ではないかも
注意する必要があります。

特にリンパの理論については
リンパ自体がきちんと研究され始めたのがせいぜい50年前なので
それまでのリンパの常識を覆すような新しい研究成果が
ここ4〜5年の間だけでも続々と発表がされています。

にもかかわらず、今でも20年前の古い古いリンパ知識を
そのまま伝えている協会もまだまだあるというのは
とても残念な状態です。

それも踏まえて、協会を選ぶ時には、
常に最新の医学知識をアップデートし続けているかどうかも
確認しておきましょう、。

 

三つ目が、商材系の資格です。

商材を販売するメーカーさんがその商品を
販売するために必要な資格として独自に設定しているものです。

商品販売はサロン営業には大きな助けになりますが
その資格を選ぶかどうかの絶対的な基準は
その資格が、今持っている技術の下支えになったり
効果を上げることができるものであるということです。

今ある技術との相性が良く
二者択一にならず相乗効果が狙えるものです、

今はほとんどの方がインターネットで探すと思います。

技術名や資格名で少し検索すれば
様々な資格がずらっと出てきます。

一つの資格について知りたくて辿り着いたホームページが
結局はその協会を作った人のページだということもあります。

これはただの自分の協会のコマーシャルで
ホームページを見ている人が求めていることには
役に立たない場合や利益相反になる場合もあるので、
どんな立場の人が書いているかも
しっかりと見極める必要があります。

良くある例では
痩身サロンでボディーラインを整える矯正下着を販売することで、
これをやってしまうと販売利益は上がっても
サロントリートメントの売り上げを減らすことになります。

 

15年前には、ホームページさえ無かったのですが
今は資格を探す時にはほとんどがインターネットを使います。

ここ5年くらいの間に「セラピスト 資格」は
SEOでも人気のキーワードになっていて、
インターネットで検索すると
資格運営者のブログやホームページとか
資格系のポータルサイトが上位を占めています。

協会を運営している人のブログやホームページで注意したいのは
利益相反になっていないかということです。

利益相反とは、一方の側の利益が
同時に他者の不利益になってしまうということで

協会で自分のところの資格を取って貰いたい人の情報は
資格を取ってもらう目的になる情報だけを選んで出しているので
情報そのものに偏りがないか注意が必要だと言うことです。

 

また
セラピスト関連のサイトを集めているポータルサイトは
沢山の情報を比較検討することはできますが
有料ポータルサイトでは
サイト上のコマーシャルを打つことと同じことなので
情報の公平性は差し引いて考えるべきかと思います。

また、無料ポータルサイトなら大丈夫か?と言うと
無料で掲載できるサイトは本当に沢山ありますが、
その運営費はどこから出ているか考えて見てください。

実は無料ポータルサイトの運営費は
そのサイトの広告収入で賄われているのです。
検索に引っかかって表示されるだけで収入になったり
クリックされて企業のホームページに誘導できるだけで
運営費を賄うことができるのです。
ですから、ややもすると掲載の内容よりは
それこそ検索にヒットするキーワードを
どのくらい載せておくかとか
文字数をどのくらい増やせるかが勝負なのです。

なのでこれらのポータルサイトでは
掲載してくれる件数を集めることが大切なので、
必ずしも情報を求める私たちにとっては
本当に有益な情報かどうかは保証されるものではありません。

新しい資格を探すタイミング

資格選びで大切なのは
自分自身がどんなセラピストになりたいのか、
そのためにはどんな技術や資格が必要なのか。

そしてそのためにどれだけのお金と時間をかけて
勉強を重ねて行くのかという
自分なりの判断基準をしっかりと持つことが大切です。

それも定まらない内に次々と新しい資格を探すのは
あまりオススメできません。

一つの資格を取ってそれでお金にすることができていない人は
別の資格を取ったとしてもお金にすることは難しいです。

今持っている一つの資格でしっかりお金が稼げるようになって
その成果をもう一段大きく広げたいと思った時が
次の資格を考えるタイミングです。

ドリームヒントスクールでは
15年前に最初のリンパの資格を取りました。
その後10年間そのトリートメントをやってきて
お客様が抱える頑固な凝りなどの問題点を
解決する方法が見つからなくて
限界と大きなジレンマを抱えていた時に
出会ったのがリメディアルでした。

クリニカルマッサージが
スポーツ大国のオーストラリアで独自に発展して
国家資格としてオーストラリアの代替療法を支えています。

また、国家資格を持つプロのセラピストが
オーストラリアには数多くいるという状況を目の当たりにしたことが
リメディアルセラピーの資格を取得する決めてでしたし、
10年間リンパトリートメントをやり尽くしたからこそ
リメディアルを選び取ることができたのだと思っています。

 

国家資格を持たないセラピストにとって
認定証があるか無いかは、プロとして
お客様の信頼を得られるかどうかの基準でもあります。

ただ、資格の内容以上に法律を守って仕事をすることは大切です。

セラピストが学んでおくべき法律セミナー

ここまで、セラピスト資格に関する
法律についてお伝えしてきましたが

ドリームヒントには
全てのセラピストが知っておくべき
セラピストの業務に関わる法規を
学ぶセミナーがあります。

セラピストに関わる法令・法規はもちろん
サロンの運営に関わる法規や

セラピストが法律に触れずに仕事をするために
知っておきたいことについて

2017年10月時点での
最新の法規について
オンラインで学ぶことができます。

セラピスト業務に関わる法規
セラピストに資格は必要か?
サロン運営に関わる法規
個人情報保護法
受講料
オンライン2,700円(税別)

リメディアルセラピストには、オーストラリアの国家資格が必要ですか?

公開日:2019年07月12日 更新日:2020年01月21日
question質問
私はこれから技術を身につけて、セラピストになりたいと思っています。セラピストの仕事をするには資格が必要だと思うのですが、日本にはセラピストの国家資格が無いと聞きました。

ドリームヒントのホームページでリメディアルがオーストラリアの国家資格だと知りましたが、オーストラリアの国家資格が無ければリメディアルセラピストになることはできないのでしょうか?
リメディアルセラピストには、オーストラリアの国家資格が必要ですか?
answer回答

セラピストの資格については
とてもたくさんのスクール生さんから質問を受けますし、
すでにセラピストをしている人も
いつも気になっている問題だと思います。

一般的なセラピストの資格については
【連載:セラピストと法律(1)】
国家資格の無いセラピストは違法なのか?

で詳しく取り上げていますので
そちらを参考にしてくださいね。

今回は特に
私がインストラクターをしている
リメディアルセラピストの“資格”について
お伝えしたいと思います。

この記事の内容を動画で解説

日本のセラピスト教育の現状

現在日本では
セラピストは民間の資格です。
国家資格はありませんので
国内では国家資格を取る必要はありません。

ただ従来の日本のセラピスト教育を見ると
かなりの大手のエステスクール以外では
まだまだ昔ながらの
弟子入り感覚が抜けないのが現状です。

 

実際にドリームヒントでも、
よそのスクールで学んだのに
またわざわざドリームヒントで
学び直そうとする生徒さんも少なくはなく

ドリームヒントの入校理由は
「理論的な裏付けを学びたい」が
常に上位に入っています。

また、
何年もセラピストをしてきた先生から
経験を土台にした
感覚的な指導を受けて苦労した
という声を多く聞きます。

私自身も初めて学んだスクールでは
手技の手順と方法だけを習って
最初の10年間のスクールでは
自分が教えられたそのままを
教えてきました。

 

でも、リメディアルセラピーは
同じ国家資格を持ったセラピストでも
一人一人アプローチ方法が全く違います。

セラピストが10人いれば
10それぞれにトリートメントの方法が
全く違うのが大きな特徴です。

だからこそ
お客様に「あなたでなくちゃダメだわ」と
言って選んでいただけるセラピストに
なることができるのだと思います。

リメディアルセラピストへの道

リメディアルセラピストになるには
簡単に分けて3つの方法があります。

  • オーストラリアの国家資格を取得する
  • 日本国内で民間の認定資格を取得する
  • 資格取得よりも自分のレベルに合わせて学び続ける

ここからは、
それぞれの長所と短所をご紹介します。

オーストラリアの国家資格を取得する

まず1つ目の方法は
リメディアルの本場オーストラリアで
リメディアルセラピーの専門学校に通って
オーストラリアの国家資格を取得する方法です。

この方法の長所

リメディアルセラピーを育んだ
オーストラリアに長期滞在して
しっかりとリメディアルを
身につけることができるので

オーストラリアでの
リメディアルセラピストとしての道も
開けることになります。

私も、あと30歳若ければ
絶対挑戦していると思います。

 

この方法は最大の長所がありますすが
実現にはかなりのハードルがあります。

 

まず、最大の難関は「英語力」でしょう。

リメディアルセラピーの
国家資格取得を目指す専門学校には
受講資格として英語力を証明できる
資格試験のスコアが必要です。

英語力を判定するTOEICやTOEFLでも
資格の有効期限は3年以内ですし
それよりも新しいスコアが
必要な学校もあります。

最近では受け入れるスクールによっては
英会話の授業にセラピスト用語も入れた
カリキュラムを用意しているところもあるようですが

やはり英語力の問題で断念する方が
かなり多いと思います。

 

あと、費用がかなりかかることも
大きなハードルのひとつです。

受講料の他には渡航費も必要ですし
1年と言う長期となると
滞在費もかなり高額になります。

 

そして、晴れて資格を取得できた後には
資格の維持が最大のハードルになります。

日本の国家資格は
一度、取得してしまえば
更新せずに維持できるものがほとんどです。
医師や看護師でさえ
資格の更新は必要ありません。

ただ欧米諸国では
取った資格を維持するための条件が
毎年ごとに更新することと
定められていることが多く

更新条件の中には
指定の教育機関での
セミナー受講はもちろん
プロとしての活動歴も
必要になる場合も少なくありません。

 

私の娘婿は20代の頃
アメリカ カリフォルニア州で
保育士をしていましたが
結婚して日本に移住したために
現在は資格が更新できず
停止されています。

(ただし、資格そのものは残っているので
更新条件さえクリアすれば
復活はできるようです。)

 

リメディアルセラピストの国家資格も
毎年更新が必要ですし
所属する協会に年会費を納め
協会の定める有料セミナーへの参加も必要です。

 

セラピストは人の身体に
直接触れる仕事ですので

技術だけでなく
理論の裏付けになっている
医学的根拠についても

更新し続けることは
セラピストとして
とても大切なことです。

 

オーストラリアの国家資格を取得する
と言うことは、こうした更新も
し続ける、と言うことですので

日本で仕事をするセラピストにとっては
とても難しいことだと思います。

日本国内で民間の認定資格を取得する

リメディアルセラピストへの道
二つ目は、日本国内で
民間資格を取得する方法です。

私はこの方法を選びました。

WATEC世界アドバンスセラピー認定試験機構
日本の認定スクールで
基本のスウェディッシュトリートメントを
学んだ後

ゴールドコーストの
フューチャーセラピーアカデミー
でアロマリメディアルコースを
2週間受講して
認定セラピスト資格を取り

その後、講師養成コースを受講して
インストラクター資格を取りました。

 

私がこのスクールを選んだ理由は

  • 本場オーストラリアで受講できること
  • 短期で資格が取得できること

そして何より
会長はじめ講師陣が日本人だったことです。

日本語でリメディアルが学べることは
言葉がわからないという
余計なストレスを感じずに
勉強に集中できると思ったからです。

 

実際に受講してみて
やはりオーストラリアで学ぶことは
私にとっては大切だったと思います。

短期でしたが
日常から切り離されて
リメディアルを育んだオーストラリアの
空気や人々の自然との関わり方
幅広い人々がスポーツを楽しんでいる
その暮らし方に触れられたことは
リメディアルを理解する助けになりました。

特にゴールドコーストという
有数のリゾート地で
若い人たちに混じって
みっちり勉強漬けになったあの時間は
私にとって得難い経験で
貴重な宝物になっています。

 

帰国してからも
セラピストを目指すスクール生さんたちに
ぜひ、本場オーストラリアで
リメディアルセラピーを体感して欲しくて
個人的にオーストラリアに研修に行く時には
毎回スクール生さんをお誘いしてきました。

(2020年には
リメディアル体感サマーセミナーも
企画しています!
詳細は7月末に
公式LINEで発表予定です)

資格は取らずに自分のレベルに合わせて学び続ける

リメディアルセラピストへの道

先の2つの方法は、どちらも
資格が欲しい方に
オススメの方法ですが

全ての人が簡単に選べる方法とは言えません。

 

実際に国家資格を取るために
1年オーストラリアに留学して
学べる人はよほど珍しいと思いますし

私が取った方法も
お勤めしていたり
結婚して子育て中の人にとっては
かなりハードルが高いと思います。

そこで私がオススメしているのが
自分のレベルとペースに合わせて
必要なことを時間をかけて
学ぶ方法です。

 

例えば日本国内にも
リメディアルセラピーを学べるスクールは
徐々に増えてきています。

国内のスクールに通うのであれば
あなたの生活に合わせて
学びのペースを選ぶことができます。

フルタイムで仕事をしながらでも
土日開講のスクールを探せば
受講できますし

子育て中の方でも
子どもが保育園や学校に行っている時間を使って
受講すれば
家族に負担をかけることもないですし、
生活のペースを乱す心配がありません。

 

受講内容も
ご自身の現在のレベルに合わせて
学びの内容やステップを
選ぶことができます。

経済的にも、
まずは受講料さえ用意できれば
今すぐにでも学び始めることができます。

ドリームヒントスクールにも
そんな風に
ご自分のレベルとペースで
受講を始めるスクール生さんが
たくさんいます。

 

例えば、
リンパリメディアル入門プログラムなら
アロマトリートメント未経験の方でも
月に2回ずつの来校受講オンラインセミナー
最短12ヶ月でリンパリメディアルセラピストとして
開業できるのに必要な知識と技術を
身につけていただけます。

他にも、現役アロマセラピスト向け
+UPリンパリメディアル入門プログラム
より高度なリメディアルセラピーを
定額制で継続的に学べるプログラムなど

生徒さんのレベルや目標によって
様々なプログラムをご用意しています。

 

ただし、本場のリメディアルセラピーは
日々進化し続けていますので
国内で技術や知識を積んで
色々な手法ができるようになったとしても
もしリメディアルセラピストと名乗りたいのであれば
やはり本場オーストラリアで
学ぶ機会をもうけて欲しいとも思います。

そういう私自身も
まだまだ学びの途中
発展途上です。

リメディアルセラピストとしても
インストラクターとしても
リメディアルの奥深さを
全て知ってはいません。

知っていないからこそ
その奥底に触れてみたいと思い
毎年のように
オーストラリアでの研修や
セラピーを受け続けています。

 

「学び続ければ 進み続ける」

とは、私自身の
永遠の姿勢の表明です。

そして、学び続ける姿勢だけは
本場のリメディアルセラピストに
負けないセラピストさんを

どんどん排出できるように
なれればいいなと思っています。

貴女らしいセラピストになるために

日本でリメディアルセラピストになるのに
オーストラリアの国家資格は必要ありません。

でも、先にもお伝えしましたが
リメディアルセラピーとは
「お客様の身体の状態に合わせて
オーダーメイドでトリートメントを
組み立てる」技術です。

目の前のお客様の状態と
お客様が何を望んでいらっしゃったかを
きちんと受け止めて

自分の頭で考えて
トリートメント計画を立てて
お客様に満足していただけることが
最終目標です。

 

極論ですが
“あんな技術”や“こんな技術”を使わなくても
オーストラリアで学んだことが無くても

リメディアルとはどういうものかを知って
お客様に満足していただける
トリートメントができれば
みなさん広い意味での
リメディアルセラピストだと
私は思っています。

 

最後に質問です。

「あなたは、
どんなセラピストになりたいですか?」

 

大切なのは、あなた自身の
セラピストとしての目標設定だと、私は思います。

いつ頃までに
どんなセラピストになりたいか?

その目標に合わせて
ペースを定めプランを組んで
あなたのなりたい姿に合わせて
目指すゴールをしっかりと見定めて
道を選ぶことが大切ですね。

そして、終わることのない
あなたの学びにとって
信頼できる学び方に導いてくれる
スクールと講師を選んでくださいね。

 

人の痛みに寄り添い
健康を取り戻すお手伝いをする
セラピストという職業は
本当にやり甲斐のある素晴らしいお仕事です。

あなたの、その夢に向かって
あなたにとっての最善の道を選んで
進んで行ってください。

自宅サロン集客に本当にターゲット設定が必要なのか

公開日:2019年03月05日 更新日:2019年07月24日
question質問
在宅カウンセラーとして開業準備を始めたのですが、先日WEB集客のコンサルタントさんから「ターゲットを設定してください」と言われました。
でも、以前やっていた異業種開業時にも、別のコンサルタントから言われてターゲット設定をしてブログを毎日書きましたが、一年頑張って続けても全く集客に繋がらず、結局そのまま廃業してしまいました。
こちらのコラムでもターゲット設定について書かれていましたが、セラピストとして自宅サロンのWEB集客のために、本当にターゲットを設定する必要があるのでしょうか?
answer回答

セラピストさんだけでなく
様々な業種の開業経験がある方から
本当に多くの方から同じご質問があります。

先日も、カウンセリング科目『統合数秘』の
月例スキルアップセミナー参加者に
この質問をされました。

その時にした私のご説明が

「今まで色んな人にターゲット設定しろって言われたけど
やっと納得できました!」

と、大変好評でしたので(笑)
皆さんにもお伝えしようと思います。

 

因みに、具体的なターゲット設定の方法については

年間1万アクセス以上ある
当サイトでも一番人気のページ
自宅サロン開業〜自宅でリラクゼーションサロンを開くには〜
に書いていますので、そちらをご覧ください。

WEB集客のためにターゲットを設定する理由

最近では、多くのコンサルタントの方が
セラピストやカウンセラー向けの集客法として

集客はターゲット設定が肝心!
集客するならターゲット設定が必須!

などとおっしゃっています。

でも、今WEB上で多く
出回っている手法を見ていると
正しいターゲット設定を
理解していない場合が多く

コンサルタントの集客手法として
ターゲット設定をさせる場合が多いです。

 

私は、自宅サロンを開業した
セラピストさんやカウンセラーさんにとって
ターゲットを設定した方が良いと思う理由は
以下の3つです。

  1. 集客コンテンツを作る時の指針になる
  2. 集客コンテンツを受け取る人との繋がりを強くする
  3. 現状に合わせた正しい集客方法を見極められるようになる

集客コンテンツを作る時の指針になる

多くの方がWEB集客のために
最初に始めるのがブログですね。

このコラムを読んでいるあなたも
日々一生懸命にブログを書いているかもしれません。

でも、多くのセラピストさんが
ブログに何を書いて良いのか分からずに
毎日悩んでいらっしゃると思います。

特にセラピストは職業柄
サロンのお客様の情報が、そのまま
お客様の個人情報や技術の露出に繋がるので
なかなか気軽にブログを書けない業種でもあります。

 

そのせいか、多くのセラピストさんが

露出が増えたら法的にマズい記事を書いていたり
ブログテーマのアイデアを探して
サーキュレーションサイトから転用したり
誰かのブログの真似をしたり

本当にギリギリの状態でブログ集客をされています。

(私のコラムも盗用された経験がありますが
他人のコンテンツをコピーしても
SEO的にもプロとしても何の徳にもなりませんので
絶対にやめて欲しいです!)

でも、ターゲットをしっかり絞ることで
ターゲットが持っている不安や悩み
と言う、とっても明確な指針ができます。

 

数年前まで質より量が
主流だったコンテンツ集客法も
最近では量より質が重要だと
言われるようになりました。

私は、質より量が重要な時期もある
とも思っていますが
どんなに毎日ブログをアップしていても

集客できないブログは時間&労力の無駄

だと思っています。

何より、集客に繋がっている実感が無ければ
書いていたって楽しくないし
楽しくなければブログ更新なんて続きませんし
続かなければ集客できるコンテンツにはなりません。

 

だからこそ、ターゲットを絞ることで
あなたが書くべき内容を
思いつくチャンスを増やすことは
ターゲット設定をする
理由の一つでもあると思います。

集客コンテンツを受け取る人との繋がりを強くする

ブログを書く最大の目的は
もちろん集客ですよね。

WEBでサロンの集客をしたい!
と言う生徒さんに、私はいつも

WEB集客で一番大事なのは
一度も会ってない貴女のことを愛してもらえる
そんなコンテンツが必要です

とお伝えしています。

 

当然ですが、お客様にとって
見ず知らずの人が個人的に開業しているサロンに
WEB上の情報だけを頼って訪問することは
大きなリスクを伴います。

それが自宅サロンとなればなおさらです。

さらにセラピスト業は
お客様が裸になられますので
美容院やネイルサロンなど
同じ美容業界の中でも、WEB集客が
より難しい業種です。

だからこそ、せっかくブログを書くのなら
あなたの大切な未来のお客様に
WEB上だけで貴女を信頼してもらって
貴女に会って見たいと思わせなければいけません。

だから私は、集客用のオンラインコンテンツは
セラピストさんから未来のお客様への
ラブレターだと思っています。

 

もし貴女なら、自分と全く関係のない
他の誰かに宛てたラブレターを読んだとしても
何ら心に響くものは無いですよね?

それは貴女のお客様も同じです。

どんなに、もっともらしい事を並べ立てたところで
その記事が、お客様と全く関係が無い内容であれば
それは道端で手渡されたティッシュと同じです。

 

だからこそ、ターゲットをより細かく絞ることで
あなたの書くブログが
本当に届いて欲しい相手に向けて書くことが
セラピストはもちろん、全業種のWEB集客において
一番大切なことだとおもいませんか?

現状に合わせた正しい集客方法を見極められるようになる

ターゲット設定をする最大の目標は
正しい集客方法を見極めることです。

例えば、女性がターゲットとなる
ファッション誌はたくさんありますが
それぞれに、年齢はもちろん、既婚か未婚か
実家暮らしか一人暮らしか、など

ターゲットを絞れば絞っただけ
ライフスタイルや趣味趣向など
年齢と性別だけでは分からないところまで
想定することができますよね。

そして、そうして具体化したターゲットが
興味がありそうな企画内容で特集を組んだり
その広告をターゲットの目につきそうなメディアに掲載します。

 

それと同じで、サロン集客のためのブログも
ターゲットを絞れば絞るほど
より具体的な想定をすることができるので

そのターゲットに合わせた記事を書いて
そのターゲットに届くように拡散方法を工夫できます。

 

更に、正しくターゲット設定ができていれば
湯水のように出回る集客方法を目にしても
それが自分のターゲットに有効かどうかを
自分で考えて、無駄な時間もお金も必要なくなります。

また最近では、オンライン集客を売りにした
営業電話も多くなっていますが

ターゲット設定がしっかりしていれば
難しいカタカナに惑わされることなく
自分で判断する指針になってくれることでしょう。

無理なターゲット設定が集客に繋がらない理由

でも、あなたを含めた多くのセラピストさんが
コンサルタントに言われるがままに
必死でターゲットを設定しても
集客に繋がらず諦めた経験があると思います。

同じターゲット設定をしているのに
なぜ集客できる人と、できない人がいるんでしょうか?

 

私がドリームヒントの集客に
コンテンツマーケティングを取り入れて10年
本当に多くの方法を試してきて

何人ものセラピストさんの
手探りの集客を見守ってきて

成功するターゲット設定と
失敗するターゲット設定の違いが
あることに気づきました。

最初から何百人もWEBだけで集めようと思っている

「ターゲットなんて絞って
いっぱい集客できるとは思えない」

これは、先日この質問をしてくれた
生徒さんの言葉です。

そして私は、こう答えました。
「はい。最初からいっぱいは集客できませんよ!」

 

そもそもですが、WEB集客だろうが何だろうが
10人集められないブログに
100人集められるわけがありません。

だから、あなたがサロンの集客で
1日1人のお客様も集められていないなら
WEB集客で突然100人200人も
集められることはありません。

WEB集客は、魔法ではありません。
あなたが思っている以上に
地味で地道な作業の積み重ねに
長年かけた結果でしかないのです。

 

私は、ドリームヒントの集客では
どんな手法を使ったとしても
現状の顧客数の2倍程度を
WEB集客の集客目標にしています。

低い目標をひとつずつクリアしながら
それを続けることで大きな目標を達成する。

それが集客の鉄則だと思います。

実在しない架空の誰かをターゲットにしている

特に、ポジショニング商法を
しているセラピストさんに多いのですが

ターゲットを絞る時に、理想ばかりを見て
実際に今のサロン来ているお客様と
かけ離れたターゲット設定をする方が
少なくありません。

 

確かに、私がアメリカで学んだ
ターゲット設定では
写真や経歴まで明記した
架空の顧客像(ペルソナ)を作成していました。

でも、これが現実にデザイナーになると
マーケターやコンサルタントなど
多くのプロによる実際の人を対象にした
膨大な数のマーケティング調査から
ペルソナを作り上げていました。

 

当然、集客の素人でもあるセラピストが
そんなマーケティング調査を
するのは不可能ですし

できたとしても、その結果を基に
ペルソナ作成した架空の顧客像に
合わせた記事を書くなんて
そんな簡単なことではないことですよね。

 

だからこそ私は、実際に今のサロンに
通ってくれているお客様の中から
ターゲットを絞ることをお勧めしています。

そうすれば、実在するお客様を
イメージしながら記事を書けるので
よりリアルな記事を書くことがきでます。

 

さらにこれも、先ほどの集客人数と同じで
今のサロンに来てもらえていない人が
WEB集客で来てくれることはありませんので

WEBだけで、あなたの
セラピストとしての魅力を感じてもらうには
今サロンに来てくださっている
実際に存在するお客様をターゲットにするのが
一番無理のない方法だと思います。

セラピスト経歴から分かる今の自分に必要なターゲット設定とは

先の項でもお話ししましたが
どんなWEB集客法も、一長一短で
結果は出ません。

現状を把握して、そこから問題を炙り出し
それを解決するための方法を考え
そして確実に実行する。

そして、このプロセス(PDCA)を
何度も何度も繰り返すことで
その集客法の成功確率を上げていきます。

 

私は、サロン集客の成長プロセスを
セラピストさんの開業経歴で
大きく3段階に分けています。

  1. 自宅サロン開業3年以下
  2. 自宅サロン開業3年以上5年以下
  3. 自宅サロン5年以上

本来なら、年数だけでなく
一日あたりの顧客数や年間売上から
もう少し細かく見ていきますが

今回は、一番簡単な開業年数別に
お伝えしていきます。

自宅サロン開業3年以下のセラピストがするべきターゲット設定

このコラムの最初の方に
質より量が必要な時期もある
とお話ししました。
自宅サロンを開業して3年以下のあなたは
まさしくその時期です。

でも、ここで言う量は
単純にたくさんブログを更新しろ
と言う意味ではありません。

 

開業したばかりのこの時期は
まだまだセラピストとして
経験も知識も足りない時期です。

この時期に無理に設定したターゲットは
前項でお話しした「架空の誰か」になりがちです。

ですから、この時期のセラピストさんは
ターゲットを絞ること自体に
不安を感じると思います。

一人でも多くのお客様をとって
一回でも多く経験を積みたいこの時期に
ターゲットを絞ることは
貴重なチャンスを逃すことになりかねません。

今はまず、来てくださる方
一人一人に誠実に向き合いましょう。

でも、トリートメントの質は
妥協しないでくださいね(笑)

 

また、この時期のセラピストさんに
ぜひ書いてもらいたい記事は
お客様の声です。

お客様と言うと、WEB上で
信頼を得るために利用されますが
開業3年以下のセラピストさんには
別の目的で利用してもらいます。

 

まず、お客様には
キャンペーンや割引の条件として
お客様の声を書いていただきます。

とにかく今は、質より量。
駆け出しのセラピストですから
今のあなたの集客に、割引は必須です。

でも、経験の無さを理由にした割引は
その後、適正価格に引き上げる際に
足かせになります。

ずっと安い価格で受けてきたお客様に
適正価格を伝えることすら難しい
そんな声も少なくありません。

そこでまず、お客様には
お客様の声を書くのを条件に
割引をするようにします。

そうすれば、割引の口実にもなりますし
安いから数を稼ぐハードルも低くなりますし
適正価格への値上げ時に
経験値ではなく条件が変わるだけなので
お伝えしやすくなりませんか?!

 

もう一つは、ターゲットを
絞っていない今のうちに
色んなタイプのお客様をとって
その感想をいただいておいて

3年以上になる時に
これを基にしてターゲットを絞っていきます。

だから、今はターゲット云々言ってないで
一人でも多くのお客様を経験してくださいね!

自宅サロン開業3年以上5年以下のセラピストがするべきターゲット設定

自宅サロンを開業して
3年以上が経過しているあなたには
まず最初のターゲット設定を行なってもらいます。

具体的な方法は
自宅サロン開業〜自宅でリラクゼーションサロンを開くには〜
に書いていますので、そちらを
ご覧いただきたいのですが

ここで「理想のお客様」を想像する前に
必ずして欲しいことがあります。

 

今サロンに通ってくださっている
お客様を思い浮かべてください。

その中から、そのお客様のことを
考えるだけでも楽しくなる
そんなお客様を3名挙げてください。

次に、今サロンに通ってくださっている
お客様の中から、今の価格で満足している
または、もう少し出してもいい
そう思ってくださっているお客様を
2名挙げてください。

最後に、この5名の中で
2つの条件のどちらも当てはまる
そんなお客様だけに絞って
その方達の共通点を探してみてください。

 

どうですか?
これが、あなたの「理想のお客様像」です。

ここからは、こうして設定したターゲットに
読んでもらえるようにブログを書いていきます。

 

そして、この時期に書くブログこそ
最初にお話しした質より量です。

今はまず、一人でも多くのターゲットの
目に触れるようになるまで
とにかく記事を書き続けます。

内容にこだわり過ぎて
更新頻度が少なくなりすぎないように
お客様の声やお知らせなど
記事内容のバリエーションを
工夫をしましょう。

自宅サロン開業5年以上のセラピストがするべきターゲット設定

自宅サロンを開業して
5年以上たったセラピストさんは
恐らくすでにある程度の
ターゲット設定があると思います。

ここまでやって来られたのも
そうしたターゲットにアプローチができて
充足感も感じられているはずです。

でも、セラピスト業界に限らず
同じ職種で5年以上お商売をしてくれば
始めた頃から比べて、時代も人も
随分と変化してきているはずです。

 

そんなあなたには、そろそろ
ターゲットの再設定が必要です。

同じターゲット設定だったとしても
その趣味趣向が変化してきていないか
ターゲットが置かれる環境に変化はないか
その悩みに変化がないか、確かめましょう。

その為にも、そろそろ一度
しっかりとしたマーケティング調査を
してみてはいかがでしょうか!?

 

ただ、私がお勧めするマーケティング調査は
大手がやる様な潜在顧客を対象とした
調査ではありません。

私がお勧めしたいのは
既存顧客に対するアンケートです。

多くの場合、セラピスト経歴に関わらず
サロンがWEB集客をする目的は
新規顧客の開拓です。

そのため、どうしても
潜在顧客ばかりに目が行きがちです。

 

でも、考えてみてくだだい。

あなたの事も知らない
まだ会ったこともない人の趣味趣向を
必死で想像するよりも

目の前にいる、今のあなたのサロンに
通い続けている人たちが
なぜあなたを選んでくれているのかを
直接うかがう方が、よっぽど
有意義な意見が聞けると思いませんか?!

 

そして、アンケートを取るときには
ぜひ過去のお客様も全員を
対象にしてください。

5周年など、キャンペーンを絡めて
休眠顧客の掘り起こしになる上に
過去に通ってくれた理由と
今通ってくれる理由はもちろん
何が理由で通うのをやめたかまで
お聞きすることができます。

ドリームヒントでは、数年前に
クレームをキッカケにやりましたが
厳しいご意見よりも、何年も経つのに
わざわざ答えてくださる方の多さに
感動した記憶があります。

どんなに多くのお客様に
愛されてここまで来たかを
再認識できることで
WEBで自分の意見を書くことへの
自信にも繋がるはずです。

正しいターゲット設定で無理のないWEB集客を!

ターゲット設定は
セラピスト業界だけでなく
多くの業界で提唱されています。

でも、間違った方法で設定したターゲットは
集客効果が無いばかりか
セラピスト自身への負担にもなります。

逆に、正しくターゲットを設定すれば
今のご自分に本当に必要な事を
見極める助けになるので
今すぐ効果を実感できないとしても
結果的に何らかの形で集客に繋がるはずです。

 

今回は、WEB集客のための
ターゲット設定について
今までにないくらいに詳細に
書いてきました。

でも、これもひとつのアイデアで
絶対成功するとは限りません。

このコラムを通して、一人で
多くのセラピストさんが
ターゲット設定に再チャレンジして
ご自分に合った集客方法を見つける
キッカケになれば、嬉しいです。

受講中から客単価がアップするプログラム

ここまで、自宅サロンの
ターゲット設定について
お伝えしてきました。

ドリームヒントでは
多くの現役セラピストが修了し
受講中から単価アップを実現している
養成プログラムがあります。

アロマを使ったリメディアルセラピーと
リンパドレナージュを習得し
リンパリメディアルセラピストとして
開業&単価アップを目指します。

リンパドレインはもちろん
スウェディッシュやリメディアルなどの
トリートメントと組み合わせることで
顧客満足度が倍増します。

リンパ基礎理論を含む理論コース
計17.5時間
リンパドレインを含む実技コース
計50時間
受講料
月謝制21,000円(税別)

自宅サロンで新メニューを追加しても売上がアップしません

公開日:2018年04月20日 更新日:2019年06月13日
question質問
自宅サロンでセラピストをやっています。
売上げがなかなか増えないので
そろそろ新メニューを追加したいと思って
スクールに通いました。
資格も増えて自信もつきましたが
なかなか売上げアップにはつながりません。
どうしたら新メニューで売上げを増やせますか?
answer回答

これは自宅サロンを始めて
ようやく軌道に乗り始めた頃の
セラピストさんの共通の悩みですね。

私自身も開業したばかりの頃は
日々のお客様に起きてくる問題に
セラピストとして応えられるように
なりたい気持ちと

やっと継続して通ってくださるようになった
お客様に飽きられるのが恐くて

良さそうなことには手当たり次第
食いついていました。

でも、10年以上たって残ったのは
メインの技術とほんの少しの
オプションメニューだけでした。

最近では
新しい技術に出会った時は

  • 技術の種類
  • 自分の成長段階

の2つで判断するようにしています。

セラピスト技術の種類と自宅サロンの売上アップ

ひとくちに「メニュー追加」と言っても
追加するメニューには

  • メインメニュー
  • オプションメニュー

の2つがあります。

メインメニューを学ぶことで
今持っている技術力をアップして
お客様の満足度を上げることができます。

それに対してオプションメニュー
お客様にとっての選択肢を増やすことができます。

そのどちらもサロンの安定経営にとっては
実は必要なことですが
売り上げアップに直結するものは限られています。

 

例えば美容室で考えてみましょう。

スタッフの研修を欠かさず
流行を取り入れて
美容師としての技術力を
アップし続けている美容室は
メインメニューが充実していきます。

逆に20年昔から
全く同じカットと技術なのに
シャンプーや美容液を
次々に変えている美容室は
オプションメニューの追加ばかりを
している状態です。

あなたならどちらの美容室に行きますか?

私はやはり前者を選んでいます。

セラピストにとってのサロンメニューの種類

私たちセラピストにとっては

メインメニューとは
そのサロンで一番の売りとなる
お客様が来店する理由になる技術

そして、お客様がご来店の度に
その都度カスタマイズして追加していただくのが
オプションメニューです。

 

例えば、ボディセラピストさんなら
ボディトリートメントがメインメニューで
フェイシャルやフットケアはオプションメニューですし

その中でも、アロマセラピストさんなら
アロマトリートメントがメインメニューで
温熱ドームやホットストーンが
さらにそのオプションメニュー、となります。

 

一般的に、現役のセラピストさんが
追加を検討されるメニューのほとんどが
オプションメニューだと思います。

確かに、オプションメニューの追加は
付加価値の底上げにはつながります。

目新しくて、一度は試していただけるので
簡単に手応えは感じられますが

一方で、新しいオプションメニューを
お客様が試してくださる場合
以前やっていたメニューと入れ替えるだけ
プラスして上乗せされることは
ほとんどないですよね。

選択肢が増えただけなので
売り上げとしては数千円増える程度
決定的な単価アップには
つながりにくいのも
オプションメニューの特徴です。

サロンのお客様のお財布はひとつだけ

人は日々の暮らしの中で
限られた枠の中でお金の使い方の優先順位を
一人一人の価値観に応じて決めています。

たいていのお客様はご自分のお財布の中から
サロンに1ヶ月に支払う金額は
きっちりと決めて通っていらっしゃっていて
それが倍に釣り上ることは
めったにありえません。

それに食費や生活必需品に比べれば
トリートメントは贅沢やゆとりの部分で
優先順位はまだまだ低い方です。

その順位を上位に引き上げつつ
全体的な単価アップをするのは
やはりメインメニューの追加だと
私は思っています。

つまり
メインメニューの技術力をアップすることで
お客様の満足度と優先順位を上げ

「お洋服を一枚買うのを我慢しても
ここのサロンに来る回数は減らせないわ」
と感じていただく

ということです。

そうなって初めて
「今日のお客様の状態でしたら
このメニューを追加していただけば
もっと効果がでると思います」という
セラピストからの提案を信頼して

「あなたがそう言うならやってみようかしら」

と、オプションメニューの変更ではなく
追加をしていただけるようになる
ということです。

そのことが結果的には
サロンへの訪問回数の増加
客単価のアップにつながります。

セラピストとしての成長段階に合ったメニュー追加を

ただし
メインメニュー追加だけが良くて
オプションメニューが必要ないという
わけではありません。

どちらの方法を取り入れるかは
あなたのセラピストとしての
成長段階によって
選ぶべきタイミングがあるんです。

経験3年以下のセラピストさんが追加するべきメニュー

セラピスト経験が3年以下で
お客様も1日1〜2名程度で
客数50名以下のビギナーセラピストさんは

メインメニューの技術そのものの
満足度が低いため
オプションを増やして目先を変えても
顧客満足度を上げることも
お客様のリピート率を上げることもかないません。

まずは、メインメニューの
技術力アップに集中して
顧客満足度をアップし
何年も通っていただける
セラピストになることが大切です。

そうすれば
たとえ一旦サロンから足が遠のいていても
何年かして再び訪れていただける
そんなセラピストになることが
できると思います。

経験3年以上のセラピストさんが追加するべきメニュー

セラピスト経験が3年以上の
アドバンスセラピストさんは
オプションメニューを上手く活用すると
良いですね。

アドバンスセラピストさんとは
1日2〜3名のお客様が来店されて
客数100名以下年間売上げ250万円以上
を目安にしています。

サロン経営が3年以上続いて
技術力やお客様のリピート率も上がり
安定経営に入り出す時期であれば

そろそろオプション技術で
付加価値を上げることを
考えたい時期ですね。

 

 

「メニュー追加したのに
売上はなかなか上がらない」

もしあなたが、そんな悩みを抱えているなら
あなた自身がセラピストとして

売りになるメインメニューが何なのか
ご自分の成長段階が現在どこにあるのか
一度見直してみられることを
おすすめします。